2004年03月26日

キャットフードを味見する

ペットフードの安全性には多くの人が疑問を持っている。
もちろん信念を持って安全なペットフードを製造しているメーカーさんもいらっしゃる。
でもどのフードが安全なのか、消費者が見分けるのはかなり難しい。

そこで、見つけたのが「猫缶って、おいしいの?」っていいうページ。

様々なキャットフードを自分の舌で確かめて評価している。
とっても参考になります。

・ペットのダイエットフードはさてらいと
オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 19:16| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月24日

ペットの肥満・ダイエット

先週日曜日の発掘あるある大辞典のテーマはペットの肥満でしたね。

たかが肥満とあなどるなかれ!ひどくなるとペットも動けなくなって安楽死させるなんてとんでもない事態になることもあるそうです。

番組では科学的にペットの食欲やホルモンなど体の仕組みを紹介していました。

人間のダイエットと同じように、一回の食事の量を減らして、食べる回数を増やすのが効果的なようですね。

犬の肥満、猫の肥満でお悩みの方。ペットダイエットフードならさてらいとの五穀ペットフードをおすすめします。
posted by ユタカ at 20:17| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月22日

かわいらしい犬の絵日記を発見!

とてものほほんとした犬の絵日記を発見しました。
楽しい犬生活」。

絵の雰囲気は、西原理恵子に少し似ている?かなと思いますが、思わずずーっとバックナンバーを見てしまいました。
posted by ユタカ at 12:31| 石川 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの肥満

昨日の発掘あるある大辞典でペットの肥満や糖尿病の問題が題材になっていました。

まさに人間の成人病と同じ状況ですね。
そこにもって、犬や猫が人間より腸が短いこと、猫のすい臓が薄っぺらく小さいことが、より問題を深刻化させているようです。

ただ可愛いからと欲しがるだけ餌をやると、大きな問題を引き起こしてしまいます。

飼い主も、責任を持ってペットと暮らすために、ちゃんと勉強をした上で愛情を持ってペットに接しないといけないですよね。

※自分のワンちゃんネコちゃんがが太っているか心配な方は、こちらで標準体重をご確認下さい。
愛犬のカロリー計算はこちらから代表的な犬種・猫種の標準体重
犬のカロリー計算
オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 11:00| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月18日

犬の鳴き声、金属プレス機よりうるさい!

毎日新聞の記事によると犬の鳴き声は金属プレス機よりうるさいらしい。

ペットをめぐるトラブルで件数が多いイヌの鳴き声について、環境省が初めて実施した騒音レベルの調査結果が明らかになった。大型犬のラブラドルレトリバーやディズニー映画「わんわん物語」に登場するアメリカンコッカースパニエルがほえた時の声は、工場で使われる金属プレス機の音よりうるさかった。同省は「イヌの鳴き声は騒音レベルが高く、飼い主側の対応が求められる」と話している。


犬の鳴き声、金属プレス機よりうるさい 環境省調査(毎日新聞)

室内犬が圧倒的に増えていて、犬の騒音対策を施した犬小屋などを開発するとニーズは大きそう。

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 17:47| 石川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月08日

ペットの腸の長さ

健康で長生きの鍵は「腸」が握っている。
それは人もペットも同様。

で、動物の腸の長さについて調べてみた。

馬は体の長さの10倍。
牛は体の長さの20倍。
ライオンは体の長さの4倍。
狼は体の長さの4倍。
猫は体の長さの4倍。
犬は体の長さの6倍。

ライオンは、シマウマなどを食べる肉食動物です。ウマやウシなどは草を食べる草食動物です。肉は消化しやすいのですが、草はかたい筋がたくさんあって、消化しにくいのです。だから、肉食の動物は腸が短く、草食の動物は腸が長いのです。

上の数字を見ると、やはり猫は肉食、犬も肉食だけれども狼と比べると少し雑食に近い肉食と言えるでしょう。肉食から草食の中間の雑食に進化しているのです。

人は、動物も植物を食べる雑食で、細くきったり、煮たり焼いたりするなどの調理をして、消化をたすけていますが、体長の約5倍ほどの長さの腸になっています。ヨーロッパやアメリカの人たちは肉食が多く、日本人は野菜食が多かったので、日本人の腸はヨーロッパやアメリカの人たちより長くなっています。

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 20:07| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットとアトピー

一般的に、人間のアトピーの場合、犬や猫などのペットを飼うのはいけないとされている。ペットの毛がアレルゲンになったり、ペットにつくノミ、ダニがアレルゲンになったりなどの危険性があると考えられている。

ところが、
歳まで犬や猫を2匹以上飼っている家庭で育った子供は、6〜7歳時にアトピー性疾患にかかっている確率が、他の子供の約半分であることがわかった


また、『ペットと一緒に育った子供は健康で学校の病欠が少ない』
『猫や犬と多く接した子供は従来の常識に反して、ぜんそくにかかりにくい』とうことだ。

posted by ユタカ at 17:19| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月04日

超高級ペット施設

今日の北國新聞の夕刊に「超高級ペット施設」が紹介されていた。

なんと一泊が2万円を越えるペット専用ホテルだとか。

ホテルの名前は「ドッグ・アミューズメント 迎賓館」。

リーガルロイヤルホテル(大阪)も昨年の8月、「ドッグホテル ガーディアンズ」をオープン。

すごいですね。

posted by ユタカ at 17:31| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月01日

第10回(平成15年度)全国犬猫飼育率調査

ペットフード工業会によると、飼育頭数は犬猫ともに増えて、犬は過去最高の1,113万7千頭を記録したそう

予想された通り、室内飼育が主流となり、飼い主とペットの距離が家族のように近くなっていることがわかる。

人はペットに癒しを求めるのだけれど、ペットが逆にそれでストレスを感じるとどうなるのだろう?

ペットは誰に?何に?癒してもらうのか?

posted by ユタカ at 19:18| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。