2006年05月03日

氷見を舞台にした「ほしのふるまち」

加賀ネタではないが、僕の故郷、富山県の氷見を舞台にしたマンガがあるということを今日初めて知ったので、書き留めておきたい。
それはヤングサンデーに連載されている「ほしのふるまち」。作者は、原秀則さん。

富山湾を望む海岸線を走るJR氷見線や、海の向こうに浮かぶ雪を頂いた立山連峰、氷見駅前、寂れた商店街、氷見高校(僕の出身校です)など、作品の至るところに氷見の風景が登場します。もちろん登場人物のせりふも富山弁(氷見弁)!


posted by ユタカ at 17:18| 石川 ☁| Comment(39) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。