2004年05月10日

ペットと牛乳 乳糖不耐性・・・続き

ペットと牛乳、乳糖不耐性について さらに調べる。
乳糖不耐性というのは何もペットだけの問題ではないのですよね。
人間でも、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして下痢をするという人は、乳糖不耐性。

また、牛乳アレルギーと、乳糖不耐性の見分け方ですが、本当の食物アレルギーはまれだそうです。直ぐに反応が現れるのはアレルギーで、食べて、1時間以上経過してから症状が現れるなら、不耐症というように区別できるそうです。

腸内細菌と乳糖不耐性は密接な関係があるようです。↓↓
繰り返し牛乳を飲むことで乳糖不耐症が改善される!?
牛乳・乳製品を日常的に繰り返し摂ることにより、乳糖を分解する腸内細菌が増え、そのために下痢の誘発も少なくなったと考えられるのです。
 腸内細菌による乳糖の分解量には人によって差がありますが、平均すれば6 時間で25g(1日で100g)くらいと推定されます。この差、つまり腸内細菌の分解量の差が乳糖不耐症につながっていると考えられるのです。
 これらの研究以外でも、動物を使った実験などから、乳糖を繰り返し摂ることで、乳糖を資化できる腸内細菌が増える傾向にあることがわかりました。


★調べている中で、すごい牛乳を発見しました。
日本で唯一の無殺菌牛乳

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 14:00| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。