2004年05月12日

牛乳は母乳の代用にならない?

牛乳は母乳の代用にならない?(真弓定夫先生講演会より)

牛乳は身体に悪いの…?
牛乳は身体に良いという“神話”が乳業会社の力もあって、この20年間に造られて
しまいました。乳業会社は保健所のスポンサーです。ウソも 100回言えば本当になり、
日本人皆が洗脳されてしまっています。
名前は申し上げられませんが、後輩の小児科医がテレビや新聞で、牛乳を飲むように
すすめています。ある会合で個人的に聞いてみると、自分はもちろんのこと、自分の
子どもたちにも、孫にも一滴たりと牛乳を飲ませないと言っていました。

なぜ牛乳は身体に悪い…!
ヒトは哺乳動物です。乳を分泌します。乳は血液です。その赤い血液を赤ちゃんが
吸って飲むと、白い乳となって分泌されるのです。
 ・哺乳動物は自分の乳で子を育てます。違う動物の乳では育てません。
 ・A型の人の血液をB型の人に輸血したら、されたB型の人は死にます。
  ヒト同士でも血液型が違うだけで死ぬのです。ましてや、違う動物間の血液の輸血
  は出来ません。
 ・ウシの赤ちゃんに牛乳を注射しても死にません。
  ウシの赤ちゃんにヒトの乳を注射すると死にます。
  ヒトの赤ちゃんにヒトの乳を注射しても死にませんが、ヒトに牛乳を注射すれば
  死にます。

学校給食と牛乳と「子どもの糖尿病」
1958年に学校給食に牛乳が導入されて以来、若年性の糖尿病がものすごい勢いで増え
続けています。小学生でインスリン注射をしている子が沢山います。
牛乳にはABBOSというタンパク体が含まれています。その構造は糖尿病の病原体
と似通っています。白血球の種類の中のT細胞とK細胞が身体にとって敵になる異物
を攻撃して身体を守りますが、その牛乳のタンパク体ABBOSを糖尿病の病原体と
誤認して、そのタンパク体のある膵臓を攻撃するために膵臓の働きが落ちて、インス
リンを分泌する力が弱くなり、糖を代謝する力がなくなり糖尿病となるのです。

本来、哺乳動物同じ種の動物の乳で育つのです。
馬がタヌキの乳を飲んだりしないように、ヒトはヒトの乳を飲んで育つのです。
血液に注射するのと違って牛乳を飲んでも死んだり、すぐに表面化しませんが、異種間
の動物の乳は飲んではいけないのです。
牛乳神話を皆が信じていて、洗脳されてしまっていることを正すのは大変です
posted by ユタカ at 18:15| 石川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ペットと牛乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私はお客様によく「犬に牛乳ってダメなの?」と聞かれ、乳糖が良くないらしい・・・という曖昧な返答しかできずにいます。
乳糖がどうこう言う前に、違う動物の乳を与えることに問題があったとは・・・
この記事を読んで、カルチャーショックを受けた一人です。

そこで質問ですが、最近流行っている『ゴートミルク(ヤギミルク)』も違う動物の乳なので本当は良くないのでしょうか?
だとすると、植物性の粉ミルクの方がいいのかな?と思ってしまいます。

犬の乳からできた粉ミルクがあれば一番良いのでしょうが、きっとものすごく高額な商品になりそうですね・・・
Posted by CHINPEI at 2005年05月29日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。