2004年05月17日

ペットの薬

こちらにリンクしていただいているJapan Dog Journalを読んでいたら記になる記事を見つけた。

日本でペットに使われている薬の九割は人間用の薬
どう考えてもおかしいのではないか。人間用の薬を単に体重比で投与したよって、よく聞く話であるが、彼らが同じ代謝を行っているとは思えない。


元記事 専用薬増える環境づくりを

動物用医薬品は、病気の犬や猫で治験を行い効果を確認したものだ。動物用医薬品がない病気には、人間用の薬が使われることが多い。たとえば五キロcの犬なら人間の十分の一というように、主に体重を目安に薬の量を決め投与する。実は日本でペットに使われている薬の九割は人間用の薬という。
・・・・・・


医薬品メーカーもコストパフォーマンスを追及すれば、ペット用専用に開発して臨床実験を行うことは難しいかもしれない。ペットの病気が人間のかかるほとんどの病気に広がっていくことを考えると、その全ての病気のペット用医薬品を開発することは現実的ではないかもしれない。

やはりペットを病気にしないことをまず考えるべきなのでしょうね。
posted by ユタカ at 16:07| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家には室内に4匹と外庭に10匹の野良猫がいます。
家猫2匹と外猫3匹がストラバイトによる尿道閉塞でいままでにそれぞれ2から3回獣医のもとでカテーテルによる排尿治療を受けそのあとメチオニンのサブリメントを常食しています。ゥオルサムのメチオニンタブも費用がかかりいささか
弱っています。メチオニンの給餌をやめると4日ぐらいで尿の排泄がすくなくなります。なにか良い方法はないでしょうか。ペットフードもMgの少ないものを選んであたえています。 この5匹は全て去勢をしたオス猫です。
Posted by 内田敏文 at 2005年03月27日 20:59
Posted by 内田敏文 at 2005年03月27日 20:59
我が家には室内に4匹と外庭に10匹の野良猫がいます。
家猫2匹と外猫3匹がストラバイトによる尿道閉塞でいままでにそれぞれ2から3回獣医のもとでカテーテルによる排尿治療を受けそのあとメチオニンのサブリメントを常食しています。ゥオルサムのメチオニンタブも費用がかかりいささか
弱っています。メチオニンの給餌をやめると4日ぐらいで尿の排泄がすくなくなります。なにか良い方法はないでしょうか。ペットフードもMgの少ないものを選んであたえています。 この5匹は全て去勢をしたオス猫です。
Posted by 内田敏文 at 2005年03月27日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。