2006年05月03日

氷見を舞台にした「ほしのふるまち」

加賀ネタではないが、僕の故郷、富山県の氷見を舞台にしたマンガがあるということを今日初めて知ったので、書き留めておきたい。
それはヤングサンデーに連載されている「ほしのふるまち」。作者は、原秀則さん。

富山湾を望む海岸線を走るJR氷見線や、海の向こうに浮かぶ雪を頂いた立山連峰、氷見駅前、寂れた商店街、氷見高校(僕の出身校です)など、作品の至るところに氷見の風景が登場します。もちろん登場人物のせりふも富山弁(氷見弁)!


posted by ユタカ at 17:18| 石川 ☁| Comment(39) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月14日

<犬の能力>3歳児並み!

毎日新聞によると、犬の記憶の能力は人間の3歳児並だそうだ。3歳と言えば、お子さんがいる人はわかると思うが、これはかなりのものだ。

 犬が単語を覚える能力は人間の3歳児レベルだとする実験結果を、ドイツの研究チームが11日発行の米科学誌「サイエンス」に発表した。約200の単語を理解し、新しい単語を覚えていく過程も、人間の子どもに似ているという。


ただし、実験は一匹だけのものなので、他の犬ではどうかは不明。
posted by ユタカ at 17:21| 石川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月01日

ノミの季節にハーブの力を!

6月や7月になって気温と湿度が高くなるとノミが爆発的に増えます。
ペットのノミ取り、ノミよけ商品はたくさん出ていますが、安全性(ペットにはもちろん、人間にとっても)が不安ですよね。

そんな方は是非、ハーブの力を試してみて下さい。
市販品にもハーブを使ったノミ取り、よけ商品はありますが、自分で材料を購入すれば安心、安価です。

ハーブの中でも、ラベンダーはノミが大嫌いな香りの一つです。またゴキブリも嫌います。
犬や猫の体に水で100倍ほどに薄めたラベンダーのエッセンシャルオイルをスプレーすると、マダニもつきにくくなるようです。蚊除けにも効果的です。
もちろん、人間の虫刺され防止にも効果的。散歩に出かけるときは、犬にも飼い主にもスプレーしてでかけましょう。
蚊蓮草(シトロネラ)の抽出液を混ぜるとより効果的です。
朝、晩の2回のスプレーでより効果が上がります。

※注意:エッセンシャルオイルはそのまま動物や人体に使用しないで下さい。エッセンシャルオイルは、殺菌作用が強いので肌が荒れたり、ペットの毛の油分を取りすぎたりします。
posted by ユタカ at 11:01| 石川 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月21日

動物のお医者さんが見てきたこと

Japan Dog Journalさんのページに紹介されていました。

動物のお医者さんが見てきたこと

たくさん考えさせられます。多くの人に読んでもらいたい。
ちゃんと考えなくてはいけませんね。流行やファッションではなくて。
posted by ユタカ at 18:46| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月20日

動物病院に関する気になるページ

動物病院に関する気になるページを発見しました。

ペット交流広場
ペット交流広場三周年記念、獣医師と戦おう! は獣医師の視点で書かれていて必読かと思います。

悪徳どうぶつ病院の実態
一時休止中ですが、強烈なタイトルのページです。現役の獣医師さんが良い病院悪い病院を判断する材料を提供してくれています。
posted by ユタカ at 20:22| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月18日

行ってみたいな京都の老舗のDog Cafe

All About Japanを見ていたら、ドッグカフェの老舗「Dog Cafe京都店」はアンチックで心なごむお店という記事を見つけた。

僕の住む金沢でもようやく何軒かのドッグカフェがオープンしたけれど、「Dog Cafe京都店」は流行の古民家のカフェのドッグカフェ版だ。いかにも京都らしい。

金沢のドッグカフェは、今風のドッグカフェだけれど、金沢らしいドッグカフェがあっても良いと思うのです。
posted by ユタカ at 16:33| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

ペットの薬

こちらにリンクしていただいているJapan Dog Journalを読んでいたら記になる記事を見つけた。

日本でペットに使われている薬の九割は人間用の薬
どう考えてもおかしいのではないか。人間用の薬を単に体重比で投与したよって、よく聞く話であるが、彼らが同じ代謝を行っているとは思えない。


元記事 専用薬増える環境づくりを

動物用医薬品は、病気の犬や猫で治験を行い効果を確認したものだ。動物用医薬品がない病気には、人間用の薬が使われることが多い。たとえば五キロcの犬なら人間の十分の一というように、主に体重を目安に薬の量を決め投与する。実は日本でペットに使われている薬の九割は人間用の薬という。
・・・・・・


医薬品メーカーもコストパフォーマンスを追及すれば、ペット用専用に開発して臨床実験を行うことは難しいかもしれない。ペットの病気が人間のかかるほとんどの病気に広がっていくことを考えると、その全ての病気のペット用医薬品を開発することは現実的ではないかもしれない。

やはりペットを病気にしないことをまず考えるべきなのでしょうね。
posted by ユタカ at 16:07| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北里大生が捨て犬・猫の里親探し

ペットブームと言われるなか、全国でどれだけの犬や猫たちが捨てられているか、その数は相当数になると思う。あちこちで捨て犬、捨て猫を救うための活動が行われているのだけれど、大学サークルがこんな活動をしている。

捨て犬・猫の新たな飼い主を見つけようと十和田市の北里大生サークル「犬部」(太田快作代表)はこのほど、同市東二十二番町のコンビニエンスストア駐車場で捨て犬・猫の譲渡会を行った。

 同サークルは、「青森県での捨て犬・猫の殺処分をゼロにすること」を目標に、捨て犬・猫を保護し、新たな飼い主を探す活動をしている。・・・・・・この日は“里親希望者”約百人が集まり、同サークルの部員も驚くほどの盛況ぶり。人気の犬や猫には希望者が殺到したため、約二十倍の競争率で抽選が行われるといううれしい誤算も生じ、最終的には約三十匹の犬や猫が新たな飼い主の元へ引き取られた。
posted by ユタカ at 10:04| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月15日

ペット業に「動物販売士」 業界が資格制度設置へ

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信によると

約2500の販売店でつくる「全国ペット小売業協会」(末松脩会長)は14日までに、ペットショップでの管理や飼い主への情報提供を適切に行える人材を「家庭動物販売士」(仮称)として認定する資格制度を設けることを決めた。


業界団体の自主的な資格制度というのは、往々にして業界の都合に合わせて作られる。
果たして、日本のペットの流通がかかえる問題を解決することに役立つのだろうか?


「日本のペット流通のありさま」
〜誰がこんなシステムを造ったのか?日本の常識は世界の非常識
posted by ユタカ at 15:57| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月11日

愛犬の医療過誤死、異例の高額80万円支払い命令

テレビ報道、新聞各紙でも大きく取り上げられていましたが、糖尿病のスピッツの医療過誤で、獣医師に約80万円の慰謝料を支払うようにという東京地裁の判決がありました。YOMIURI ONLINE

今回の裁判、飼い主の代理人を務める渋谷寛さんは、「ペット法学会」に所属する弁護士。「ペットが家族同様である今、人間と同様の審理を望みたい」と、地裁に提訴する際、医療訴訟集中部である民事30部での審理を求めてそれが通って今回の判決となったということ。

ペットは家族同様の時代、今後、このような裁判、判決が増えるのでしょうが、獣医師も大変な時代です。

 「飼い主のペット医療に対する考え方は幅が大きく、濃厚な医療を求める人ばかりではない。ペットの治療にお金をかけたくない飼い主もいるが、そんな飼い主も治療をやめる『決断』は嫌がるものです。だから、獣医師は『この飼い主は何を求めているのか』を察したうえで、治療方法を選択しなければならない。ここで失敗すると、トラブルになる。昨今の訴訟の多さを考えると、獣医師にとって、危険な状況であることは確かです」ペット医療過誤裁判の人間並み



審理も賠償額も人間並みに

・アニマルウエルフェア連絡会
posted by ユタカ at 20:47| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月10日

ペットと牛乳 乳糖不耐性・・・続き

ペットと牛乳、乳糖不耐性について さらに調べる。
乳糖不耐性というのは何もペットだけの問題ではないのですよね。
人間でも、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして下痢をするという人は、乳糖不耐性。

また、牛乳アレルギーと、乳糖不耐性の見分け方ですが、本当の食物アレルギーはまれだそうです。直ぐに反応が現れるのはアレルギーで、食べて、1時間以上経過してから症状が現れるなら、不耐症というように区別できるそうです。

腸内細菌と乳糖不耐性は密接な関係があるようです。↓↓
繰り返し牛乳を飲むことで乳糖不耐症が改善される!?
牛乳・乳製品を日常的に繰り返し摂ることにより、乳糖を分解する腸内細菌が増え、そのために下痢の誘発も少なくなったと考えられるのです。
 腸内細菌による乳糖の分解量には人によって差がありますが、平均すれば6 時間で25g(1日で100g)くらいと推定されます。この差、つまり腸内細菌の分解量の差が乳糖不耐症につながっていると考えられるのです。
 これらの研究以外でも、動物を使った実験などから、乳糖を繰り返し摂ることで、乳糖を資化できる腸内細菌が増える傾向にあることがわかりました。


★調べている中で、すごい牛乳を発見しました。
日本で唯一の無殺菌牛乳

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 14:00| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月06日

全国のドッグカフェ情報

最近、金沢でもドッグカフェがいくつか出来ました。
そこで、全国のドッグカフェ情報を検索してたら、良いページを発見しました。とてもシンプルで良い感じのページです。

ドッグカフェ全国ドッグカフェ&ドッググッズリンク集



オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 19:48| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットアレルギー

さてらいとでは、ペットのアトピーなどアレルギー対策のサプリメントを販売していますが、一方で、ペットを飼うことで飼い主の人間がアレルギーになるという問題もあります。

一般的に、人間のアトピーの場合、犬や猫などのペットを飼うのはいけないとされています。ペットの毛がアレルゲンになったり、ペットにつくノミ、ダニがアレルゲンになったりなどの危険性があると考えられているからです。

ところが、

1歳まで犬や猫を2匹以上飼っている家庭で育った子供は、6〜7歳時にアトピー性疾患にかかっている確率が、他の子供の約半分であることがわかった。

犬や猫を1匹だけ飼っている家庭で育った子供では、ペットがいない家庭とアトピー性疾患の発症率は変わらなかったという・・・・・・喘息の発症率も、ペットが2匹以上いる家庭の子供で低い傾向があったという。

興味深いのは、ペットが2匹以上いる家庭で育った子供の場合、犬や猫だけでなく、花粉やカビなど他の抗原に対しても他の子供より抵抗性があった点。

研究グループは「免疫系が成熟する時期に複数のペットと触れ合うことで、様々な抗原に対するアレルギー性反応が抑えられるのではないか」と推測している。



興味深いですよね。でも1匹だけでは発症率は変わらないとなると、2匹以上のペットを飼うのは結構大変ですよね。
まあ、アトピーにならないためにペットを飼うという人はあまりいないと思いますが、単純にペットを飼うとアレルギーになるリスクが増加するとは言い切れないと思います。

これは例えば、同じ住環境、食環境にある兄弟姉妹でもアトピーになる子、ならない子がいるのと同じことで、ペットが原因とか、ダニが原因とか単純には言えないんですよね。

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 15:19| 石川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月04日

コアラ、2万匹“退治”計画

難しい問題だ。コアラが可愛そうと第三者が言うのは簡単だけど。

オーストラリア南部のカンガルー島でコアラが大繁殖し、「生態系を守るために銃で2万匹を駆除すべきだ」との声が高まっている。動物愛護団体はもちろん反対だ。州政府もイメージダウンを恐れている。だが、地元観光業界から、「このままでは取り返しがつかないことになる」と駆除容認論が出るほど、事態は深刻だ。・・・・・・・デンマーク人観光客マーティン・シュミットシュトロフさん(40)は、2万匹駆除案について、「なんて恐ろしい。こんなにかわいくて、誰も傷つけないコアラをなぜ殺さなければならないのか」と言う。イギリス人旅行者のイアン・ヒルさん(28)は、移住を主張した。
読売新聞(南オーストラリア州カンガルー島で 平井 道子、写真も)


かわいいから可愛そうで、かわいくないニワトリや豚は食用に殺すのはかわいそうではないというのだろうか?

同じ論理なら美男美女は優遇されて、ブ男ブスは冷遇されても当然ということになるではないか?(ちょっと違いますかね)

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 16:13| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オススメサイト 人と車とペットのためのサイト

ネットサーフィンをしてたら、良い感じのサイトを発見しました。
自動車メーカーのホンダが運営する、「WAN!DER DOG 人とクルマと犬のいい関係」というサイトです。

もちろんオススメの車はホンダの車ですが、愛犬を車に乗せてお出かけする人には、色んな役に立つ情報が載っています。

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 11:08| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月03日

動物病院を考える

動物病院のあり方、選び方、それ以上にペット達との関わり方を考えさせられる本を紹介します。目からうろこが!!

二歩先をゆく獣医さん―ガン、心臓病、皮膚病…ここまでできる専門医療
二歩先をゆく獣医さん―ガン、心臓病、皮膚病…ここまでできる専門医療


アニマル・ホスピタル
アニマル・ホスピタル
posted by ユタカ at 11:47| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月02日

犬の大豆アレルギー

犬の夏バテに納豆が良いらしいといことを書いたら、大豆アレルギーで食べられないというコメントをいただいた。

で、犬の大豆アレルギーについて調べてみました。

「生の大豆」に含まれるトリプシン・インヒビターという成分が犬にとって有害でだという情報があります。大量に摂取すると消化不良をおこしたり、インシュリンの過剰分泌による膵臓障害を起こすという報告があるようです。

でも、「生の大豆」に含まれる「トリプシン・インヒビター」は蒸す・煮る・発酵させるなどの処理により破壊されるので、加熱された豆乳、豆腐、発酵食品の納豆は問題ないように思われます。

人間のアレルギーの場合でも、大豆食品の中でも消化のよい豆腐や納豆は、比較的アレルギー症状が出にくいと考えられています。特に納豆は、それ自体がよいだけでなく、納豆菌の消化酵素が消化吸収力を高めてくれるので、アレルギー症状を出にくくするという働きもあるようです。ですから、大豆アレルギーがそれほどひどくない場合は、納豆は試してみる価値が大きいと思われます。

(参考:フード以外の食材 ペットショップ HAC 和歌山
大豆にアレルギーのある子でも、納豆の場合は、大豆のタンパク質が分解された状態になっていますので、余程ひどい大豆アレルギーの子でない限りアレルギー反応を起こすことはありません。


また、味噌醤油の業界によると、
大豆アレルギーであれば、その加工食品である豆腐、納豆、みそなどもすべて食卓から除去する方法がとられてきました。 しかし、最近の分子生物学的研究手法の進歩により、大豆加工食品のなかで、みそ、しょうゆ、納豆は、発酵の過程でアレルゲンが分解される食品であることが判明してきたのです。


もうひとつ、「大豆が犬に有害」という見解が広まっているる原因に、「大豆ミール」があります。大豆から油脂分や有用成分のほとんどを絞り取った残りかすで、ドッグフードの原材料として使われます。過剰摂取すると犬の腸内で大量のガスが発生するとされ、さまざまな腸障害の原因のひとつと考えられます。

そんな産業廃棄物をペットフードに使うから、「大豆は危ない」という一方的に誤った情報が広まったのかもしれませんね。

鼓腸症について   

開花前の成長が早い豆科植物(クローバー、アルファルファ、カラスノエンドウ
イガマメ)、根菜類、醸造粕と精糖残渣、蛋白含量の多い飼料は
鼓腸症になりやすい
豆科植物でも成長がすすみ線維含量が豊富であれば危険性は少ない
豆科植物の葉緑体由来の細胞質蛋白素(リブロース2リン酸カルボキシラーゼ)
が泡沫形成因子です


オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 09:45| 石川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

犬に納豆って

犬の納豆愛犬チャンプ6月号の「夏を乗り切る予防策」の中(47p)で「体にいい食材」として「納豆」が出ていましたね。

えー、犬に納豆という感じですが、多くの犬は納豆が好きなようですね。

特に夏場、食欲が衰えた時はに、納豆は良質なタンパク質とビタミンを両方含んで、なおかつ消化も良いので最適な食品のようです。
もちろん発酵食品ということで、腸内の善玉菌も増やし、糞便の臭いを弱くする作用もありますよね。

で、もうすでにわんこの納豆出てますね。
ドットわん納豆

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 10:36| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月28日

4月28日は、国際盲導犬の日

1989年のこの日に、国際盲導犬学校連盟が発足したことを記念して、1992年より国際盲導犬学校連盟が制定した日です。日本ではこの日が平日にあたるため、日本盲導犬協会をはじめとして、各協会が4月29日「みどりの日」(祝日)にチャリティーウォークなどイベントを行っています。目の不自由な人にとって大切な盲導犬の普及と、一般の人々の理解を目指した記念日です。

オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 16:12| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。