2004年05月10日

人間も食べられるペットフードを

ペットフードの表示には、ほとんどの場合、「ペット以外に使用しないで下さい」と表示してある。人間が食べたら害があるからだ。人間に害のあるものをペットなら食べさせてもいいの?

そこに疑問を持たない飼い主さんがいかに多いことか。
もちろん贅沢をさせる必要はない。
国産黒毛和牛をわざわざペットに食べさせる必要はない。

でも少なくても人間が食べても大丈夫なペットフードであるべきじゃないですか?

そんなふうに考えてペットフードを作っているのがBigwoodという会社です。
posted by ユタカ at 20:22| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月07日

犬にもマクロビオティック

毎日楽しみに見ている楽しい犬生活を見ていたら
体重が減った。イヌメシを手作りするようになって、ヒトメシも玄米に合うマクロビオティック風な食事になってきているからかな。あとは毎日10000歩以上の散歩…全て犬のおかげだ。

という記事を発見。

なるほど、犬にもマクロビオティックか。
何を隠そう、昔、能登の天然塩の仕事をしている時に、マクロビオティックの大家、久司道夫先生に何度かお会いしたことがある。
一般的には単純に玄米食とか、ベジタリアンだとか思われているがその背景にある思想にはとても深いものがある。

で、ペットとマクロビオティックで検索していたら、次のようなページがあった。
マクロペット
久司先生はこんなこともおっしゃっている。
久司道夫氏は、こんなことも。
「犬に、マクロ食を何世代にも渡って与えつづけると、次第に知能が発達して、人間のようになります」


すごいですね。ちょっとここまで言うのも凄すぎますが、でもマドンナとか、マイケルジャクソンとかトムクルーズとかクリントンはマクロビオティック信者ですからね。


オーガニックペットフードのさてらいと
posted by ユタカ at 10:16| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ペットフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。